あなたの疑問、不安の実態調査いたします。

安くする為に

なにかを探す探偵

本当の浮気かどうか、メールや電話などの履歴で判断して早いように思います。
パートナーにおかしな行動があれば、それを自分なりに調べてみると良いでしょう。
都心部は広いように思われますが実は案外狭かったりします。
例えば、近所で浮気をすれば周りはよく見ているので話はすぐに広まるでしょう。
そのような情報は、浮気調査を依頼する時に費用面など必ず役立つので証拠として残しておくことが最適です。
さて、浮気調査が行われる一般的な流れとしては素行調査を中心にしていきます。一日張り込みをするだけで費用は大体10万以上飛びます。更に日数がかかると、更に跳ね上がり結果70万円の大金になります。
ここで本当に浮気をしている確証が持てた時点で、次はその浮気相手の素行を慎重に調査していきますこの時にかかる大まかな費用は2日でなんと30万円近くになり、プラス素行調査を合わせると40万になることもあります。
流れを簡単に説明すると、浮気の証拠を掴むところから、相手が誰なのかを突き止めるまでにおよそ100万円がかかる計算になります。
では、上記の方法でより安く浮気調査を行なうにはどうすれば良いのでしょう。
ポイントは、調べる為に必要な項目の削減にあります。

近所の人によるパートナーの浮気情報は、浮気調査を行なう側にとっても有力な情報になります。
例えば、いつ何処で誰と一緒にいたという明確な情報さえあれば張り込みに使う日数の削減で安く費用を抑えることができます。
ここでポイントなのは、パートナーが浮気へ足を伸ばす際の日時を把握することです。
それらを指定することが出来れば、五日足らずで証拠を十分に掴むことが可能になります。
通常、浮気調査に必要な日数は一週間ですが丸2日なくせば確実に費用削減に繋がるでしょう。
後は浮気調査に必要な調査員の数です。一回の調査につき5人から6人が付きますが、専業主婦など家計が厳しい場合は調査員を減らしてくれることもあります。
費用に関する事も、一度相談してみても良さそうです。